ビズナレッジ株式会社 = コーチングプログラム × コンテンツ開発 × 組織活性化コンサルティング 
 for your dream & your success あなたの”夢”にビジネスの翼を、”成功”のためにナレッジを

SNSとしてのGREE、メディアとしてのMixi
 おかげさまでこのサイトも立ち上げてからほぼ半年が過ぎ、ようやっと本日、Googleのツールバーで見たページランク5をゲット。ちなみに本体は6をゲットすることができました。ちなみに私が関わったいくつかのサイトもすべて高いランクを頂戴できたようで、これでいろいろやりやすくなりますねー。リンクしていただいている皆様、ご訪問いただいている皆様、どうもありがとうございました。

 ところでそれはともかく、今日はソーシャルネットワーキングサービスの話題。

 そもそも私はGREEの思想に惹かれ、これが気に入って始めたのだけれども、最近はすっかりMixi派。しかもなんだかネットワークをつなげることよりも面白いコミュニティを見つけて登録することの方に面白みを感じている。で、そこにつながっている人のコミュニティをまたたどって・・・まったく際限がなく楽しめる。非常に混沌とした世界をさまようのが楽しい。

 一方のGREEは相変わらずであまり楽しくない。なんていうのかな。これって設計思想だと思うのだけれど、きちっと仕様が決められすぎていて遊びがない。だから混沌さがなくて整然としている。で、なかなかSNSの機能を超えて楽しむということができないでいる。そんな感じ。

 簡単にこの感覚の違いを言ってしまうと、システム屋さんが作ったGREE、広告屋さんが作ったMixiという感じ。おそらく新聞に載るような、何かの事件が起こるのはMixiの方。でも逆にそれでこういう新しいサービスがキャズムを超えるんだろうけどね。でもまさか、MixiがGREEを超えるとは思いませんでしたね。いろんな意味で。

 逆に言うと、Mixiの方が恋愛が生まれたり、もしかしたらもっとアブないことになったりという「事件」が多いのではないかな、と思う。でもそれってこの世の中と同じなわけで、それを規制してしまっているところにGREEの限界が来ているような気がする。・・・そもそも。GREEのアクセス履歴を消せるってのは機能として意味あるわけ? どうせ遊びなのに、どうもいちいちマジメに感じてしまうのですよ。GREEの機能は。

 もちろんGREEにはリニューアルという手が残されているわけで、それは期待したいところ。硬派なSNSの道をひた走る、という選択肢もあるし、もっと「偶然の出会い」とか「オトク感」を演出するテクニックも考えられると思う。(何せ楽天のエンジニアだったんだから、いろいろ儲けるための開発をすることもできるでしょう。きっと。)Mixiは逆に無秩序に増え続ける「くだらない」コンテンツを支えるためのシステム投資(ハード・ソフト・要員)が必要になってくるだろう。となると、最終的にはどちらがより収益を上げられるかにかかってくるわけで、まあ、これは逆に双方のスタッフの皆様の創意工夫に期待したいところだけれども。

 もうひとつ今日思ったのは、Mixiのこの世界ってマーケティング人の捉えている世界に近いんだと思う。キャッチコピーとか、世代や地域の共有とか、そういう物の見方、考え方。人の準拠集団が仮想化していることを前提としたときに、それを表現し、整理できるツールという意味で、面白いのだと思う。(お、さすが社会学出身。

 逆に考えると、ちょっと怖いのは、管理者画面の向こうでこれを分析し、集計することによっていろいろなマーケティングが仕掛けられるんじゃないかな、ということだ。例えは古いアニメのネタで申し訳ないが、メガゾーン23の風祭イブとか、後は何だっけ、伊集院光が昔やってた仮想アイドル(芳賀ゆい、だっけ? 今から考えると「萌え」を先取りした名前だ(笑。)とか、そういう実験をするには面白い舞台かもしれない。後はウォーリーという人格を作ってそれを探すとか(笑)。ここまで来ると何だか違う世界になってるね。でもまあそういうこと。仮想空間での事件、そしてそれが広告になる。そんなイベントを起こすという動きが、そろそろ出てきてもいいんじゃないだろうか?

 だからMixiはもう実際には既に、純粋なSNSというサービスではなくなっていると思う。どちらかというと世論調査のプライベート版というか、自己分析のためのツールというか、あるいは白書というか、それ自身、参加型のひとつのメディアに変貌していて、印象としては、実名前提の2chになっているのではないかと思うのだ。つまり、時代は匿名でなければネットに出れない時代からその先へ、ネットで何を晒しても構わないと考える、人格が人の肉体からはみ出て露出している時代へと移行しつつあるのだ。インターネットサービスの黎明期の時代にパソコン通信時代の人間を見て「旧人類」だと思ったように、今度は「匿名・ハンドル名」時代の人間を見て「旧人類」と思う時代が、もうすぐそこまで来ているのかもしれない。

 そういえば、ブログがそもそもアメリカで流行ったのは、911の事件を受けてアメリカ人が急に内向的になったから、という話を聞いたことがある。もともと内向的な日本人がブログばっかりやってたらさらに内向的になっちゃう(笑)。だったらそれを補完するサービスがあってもいい。それがきっとSNSの先にあるものの形になると思っているのだけど、GREEさん、どうでしょうねぇ?
| 原口佳典 | ■IT・インターネット | 23:02 | comments(0) | trackbacks(3) |

<< 竹フローリングのすのこ到着 | main | ITができること、できないこと。 >>









トラックバック機能は終了しました。
mixi、GREE、コンピュータリテラシー?
 かれこれ2週間くらい前のニュースだけど、mixiが利用者100万人突破したらしいですね。Yahooニュースにも載ってた。こちら(↓)の記事だと、GREEは20万人だとか。  「mixi」のユーザー登録数が100万人を突破、「GREE」は20万人を突破  http://internet.watch.im
| 黄昏の屋上 | 2005/08/11 1:53 AM |
mixiの可能性
最近ユーザーを伸ばし続けるmixiについて感想を述べました。今後のmixiのあり方も検討する必要が日本にはあると思います。つたない記事ですが、宜しく御願いします。
| 熱血!!☆ダッシュマン☆鈴木孝明の日々 | 2006/02/16 2:36 AM |
mixi(ミクシィ) vs GREE(グリー)
 僕は、mixi(ミクシィ)とGREE(グリー)の両方やっている。両方とも、約1年前に登録した。  今はもっぱら、mixiがメイン。  といっても、mixi自体、特に何かやってるわけじゃないけど。mixiの日記には、このブログを組み込んでいるしね。基本的に、知り合い
| 黄昏の屋上 | 2006/04/13 4:36 AM |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
灰谷孝のブレインジム・ラーニング コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック カーディーラー経営品質向上研修 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
このページの先頭へ