コーチングプログラム × 教育コンテンツ × 人材成長コンサルティング 
 for your dream & your success あなたの”夢”にビジネスの翼を、”成功”のためにナレッジを

学生団体iLassic主催勉強会「デキるコーチに必要なロジカルシンキング」
 今日は夜から学生団体iLassicさん主催勉強会の講師でした。今日のテーマは、「デキるコーチに必要なロジカルシンキング」。内容についてはまた先方の ブログにアップされる でしょうから、ここでは省略しますが、何ともマニアックなテーマです(笑。

 実はiLassicさんの勉強会での講師役はこれで6回目。

 2009.07.20「コーチ力を高める実践的トレーニング方法」
 2009.08.09「コーチングの理解に役立つ心理学」
 2009.08.24「効果的なコーチングのためのポジティブ心理学」
 2009.09.14「クライアントのやる気を引き出す効果が出るコーチング」
 2009.11.16「自分経営(セルフマネジメント)に目覚めよう」
 2010.02.08「デキるコーチに必要なロジカルシンキング」

 ということで、毎回、私なりに「学生さんに害にならないコーチング」という部分をセレクトして、オリジナルな切り口で講師をさせていただいています。
 今回はおそらく現4年メンバー向けには最後ということもあり、最近、プロコーチの中でも課題だと思っているテーマを披露しました。

 本来は社会人になってから研修で受けるような内容も含んでいますが、まあ、そこはそれ、ユーモアを入れて伝え、ワークで実感してもらえるような仕掛けを試みました。

 そもそもこのiLassicさんと関わる前、日本コミュ二ケーション学会で講演した際に、「大学生にコーチングを伝えたら言うこと効かなくてコントロールできなくなる」というようなことを、偉い先生がおっしゃるのを聞き、相当、大学も病んでるなーと思ったことも動機でした。

 実際に大学生の皆さんに関わってみて、いや、これは大学の先生のコーチングへの理解が悪いのか、よっぽど今の学生が嫌いなのかのどっちかだろう、と思いました(笑。もちろん、昔の大学生とは違い、今の大学生はまだまだ精神的には成熟しておらず、発達課題を解決せんともがいているということはあるでしょうが、それを理解したうえで、大人としては接して欲しいなぁ、と思いました。

 と、そういえば別な先生から御指摘いただいたことを思い出しました。高校までの先生は、少なくとも発達心理学やカウンセリングを知って、教員になる。しかし大学の先生は違う。教える技術も教わっていない。という話。

 特に偉い先生になるとそうかもしれませんね。別に専門家だからといって人格者なわけでもないですし。。。

 ということでこの1年半で私もとても楽しかったですね。大学の授業で「対人コミュ二ケーション」を、講師でいいからやってみたい。そんな欲求がむくむくと起こってきました!

 もちろん、日本の未来のために、です!
| 原口佳典 | ■コーチング | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 『100のキーワードで学ぶコーチング講座』 at 東京旭屋書店 池袋店 | main | JQAA理事会 >>









http://blog.bizknowledge.jp/trackback/914720
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
灰谷孝のブレインジム・ラーニング コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック カーディーラー経営品質向上研修 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
このページの先頭へ