ビズナレッジ株式会社 = コーチングプログラム × コンテンツ開発 × 組織活性化コンサルティング 
 for your dream & your success あなたの”夢”にビジネスの翼を、”成功”のためにナレッジを

GARDA - グレーター・アジア研究会 始動!
 「匂いたつような」サイトと表現されました。GARDA - グレーター・アジア研究会 のサイト、いよいよ始動です。

 これは、以前よりお世話になっております、産業財マネジメント研究所藤井昌樹 さんが事務局を勤める組織で、簡単に言いますと、地域単位でアジア諸国との連携を深め、日本の中小企業のマーケットをアジアへ展開していこうという実務組織です。

 実務組織という言い方をしたのは、研究会という名称ですと、どうも机上の空論をイメージしがちだからですが、実際に昨年もプレとして、藤井さんは「海外工場視察調査団」という形でタイへの視察ツアーも行なってらっしゃいます。(ビジネスモデル学会 主催・日本生産管理学会協賛・日刊工業新聞社 後援)
 私は製作者として、また、協力者として関わっていく予定ですが、会員申込書 にもありますように、とても参加しやすい金額になっています。(個人ですと、なんと3年間3万円という。。。)現在のところの 会員向けコンテンツ の目玉は、なんといっても、藤井さんの鋭い見識による、 『グレーター・アジアの実態(A4.×66P.)』BBM責任編集 と、『Think globally, act locally!:俯瞰・構造的に捉え・分析、理解するために(A4.×54P.)』BBM附録 でしょうか。前者は、今のアジアでの各国での産業の動きを分野別に紹介しているもので、後者はそこに進出しようとする中小企業経営者の頭に世界で戦える戦略を授けるもの。言ってみれば、市場調査と戦略策定がセットになったようなものでしょうか。

 さて、このサイトのトップで紹介されているのは、タイの国民的歌手「バード」さんが作った、「日本の復興を願う応援歌」の動画です。



 アジアの中でも、タイは親日国として知られています。だからということではないのでしょうが、タイの人達が音楽に合わせて、手書きで日本への応援メッセージを送ってくれています。

 これを見るだけでも、今後の日本とアジア諸国との関係に、希望が持てるというものです。さて、今度は日本人は彼らのために、一体、何ができるのでしょうか?

 GARDAについて、あるいは日本の中小企業がアジアに進出する成功例や成功法則などが知りたい、という方は、是非、お気軽に お問い合わせ してみてください。

 ちなみに、今回、いちばん苦心したのはロゴデザイン。Greater Asia の頭文字のGとAを、不死鳥ガルーダのイメージでデザインしました。日本の再生の祈りも込めて。そして共に向かう先は、グレーター・アジア、というわけですね。



 ※これはプロトタイプ版。実際に使用されたロゴは、文字が緑になりました。
| 原口佳典 | ■IT・インターネット | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< セールス部会がスタートします! | main | セールス部会 第1回 【ビジネスマナー1】基本的なビジネスマナーとは?1 報告 >>









http://blog.bizknowledge.jp/trackback/947888
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
灰谷孝のブレインジム・ラーニング コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック カーディーラー経営品質向上研修 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
このページの先頭へ