ビズナレッジ株式会社 = コーチングプログラム × コンテンツ開発 × 組織活性化コンサルティング 
 for your dream & your success あなたの”夢”にビジネスの翼を、”成功”のためにナレッジを

ICF東京のイベントに参加
 今日はお誘い頂き、ICF東京のイベントに参加して参りました。

 アメリカの国際コーチ連盟(ICF)会長、エド・モデルさんが来日されるということで、講演会と懇親パーティに参加してきました。

 主催は、 ICF東京チャプターです。

 ICFってなんじゃい?という方も多いかもしれません。

 1995年に設立され、現在は世界109ヵ国にメンバーが17,500人いるという、プロフェッショナルコーチのための、世界的な非営利団体です。

  国際コーチ連盟(International Coach Federation)

   実は私もメンバーの末席にいます。

 きっかけは、下記のコーチングバンク勉強会でした。

  コーチングバンク勉強会 by 林健太郎コーチ
  「世界に飛び出そう!国際的なコーチングを味見する会」
 それはさておき、歴代を通じて、ICFの会長が日本を訪れるというのは初めてのこと。ということで、まあ、コーチの方々は大騒ぎしていたわけです(笑。

 今回の講演の中でも何度も出て来て、とても印象的だったのが、profession という言葉でした。

 これは日本語に訳すと「職業、専門職」という意味です。資格ビジネスをやられている会社さんも多かったので、これを credential (証明書)と合わせて考えて混乱されている方もいらっしゃいましたが、そもそもICFの関心事は資格の発行ではなく、プロコーチという職業の専門性について、その地位を高めることに主眼がある、というお話でした。

 個人的に感じたのは、コーチングという分野でも、日本は遅れている、と感じたことです。小さな島国で、コーチ資格発行団体が争っている場合ではないのです。

 ちなみに現在のICFのメンバーは100人程度。これが300人を超えると、ウェブサイトの日本語化も検討する、とのことでした。

 さらにちなみに、現在、ICFでは、プライスウォーターハウスクーパース(PricewaterhouseCoopers)に依頼して、世界のプロフェッションについての調査を行なっています。

 これは日本語でも回答可能で、 100人以上のデータが集まると、日本のレポートを個別に作成されるそうです。

 プロコーチの方、是非、御協力ください!
 (「コーチ特有トレーニング」とか、若干日本語が変ですが。。。

  Global Coaching Study 2011

 全然関係ないですが、プライスウォーターハウスクーパースは、あの映画のアカデミー賞の投票集計業務を請け負っているそうです。すごいですね。

 結果については、和訳も御用意しようかと思っていますので、プロコーチの方、是非、御協力ください。

 イベント後半では、TELLカウンセリングセンターのDr. Linda Semlitz 氏より災害後のケアの話がありました。これも、とても興味深い話でした。

  東京英語いのちの電話(TELL)についてはこちらを

 震災直後、コーチングバンクのメルマガで、「コーチには何もできない」という旨のメッセージを発しましたが、どうやらその直観は正しかったようです。

 被災された方を想定して話を聴くワーク、というのを行ったのですが、たまたま隣合ったCTIジャパンのEさんとワークを行い、感想として話したのは、いわゆる「コーチング」をしてはいけない、という事。

 要は他人が介入して何とかしようとか、前向きな言葉を引き出そうとか、慰めよう、というのは決して良い結果を生み出さない、ということ。ましてや、変化を促すなど、最悪です。

 生活を元の状態に戻すために、何がしてほしいのか、ただそこに居て聴く。そういう関わりが必要なようです。

  詳しくお知りになりたい方は、下記が参考になるかもしれません。
  trauma.worksheet.jpl.pdf

 つまり、必要なのはコーチでもコーチングでもなく、人だった、ということなんだな、と感じたのでした。

 下記に、ボランティアとしてしていいこと、してはいけないことがまとめてあります。こちらは、ご参考までに。
  IMC_TELL_Volunteer_Handout_Japanese4.28.pdf

 さて、今日のイベントで、いくつかのイベントの告知を頼まれましたので、御連絡です。

 まず、日本コーチ協会の東京チャプターのイベントです。

  【コーチングフェスタ2011 in Tokyo -Take Off-】

 日時は、11月23日(水・祝)場所は大正大学巣鴨校舎です。

 続いて、ICF(国際コーチ連盟)公認のオンライン学習コミュニティであるJ−SIGを運営されている、ドリームコーチ・ドットコムの吉田典生さんのイベントです。

  ビジョンマッピング・ワークショップ

 こちらは、12月10日(土)の開催。

 また、東京英語いのちの電話(TELL)の資金を集めるためのイベントが、カナダ大使館で行なわれるそうです。

  16th Annual TELL Connoisseurs' Auction

 こちらは2011年12月9日(金)開催です。オークションには旅行やワインが出品されるそうです。

 もちろんそれだけではなく、贅沢な食材を惜しみなく使った食事や選りすぐりのワインをお楽しみいただけます。TELLを支援するため賛助出演いただくカナダおよび東京の優れたミュージシャンのライブエンターテイメントも予定しております。とのこと。

 ここは以前、会員制のクラブがあったところ。私も以前、お邪魔したことがあるのですが、素晴らしい雰囲気です。

 パーティもかなり盛り上がりました。

| 原口佳典 | ■コーチング | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< ケーススタディを活用したワールドカフェ研修 | main | ICF会長エド氏を囲んでの、ランチョンミーティング >>









http://blog.bizknowledge.jp/trackback/947914
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
灰谷孝のブレインジム・ラーニング コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック カーディーラー経営品質向上研修 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
このページの先頭へ