ビズナレッジ株式会社 = コーチングプログラム × コンテンツ開発 × 組織活性化コンサルティング 
 for your dream & your success あなたの”夢”にビジネスの翼を、”成功”のためにナレッジを

顧客価値経営フォーラム2日目
 顧客価値経営フォーラム2日目です。今朝はまず、介護ビジネスのセッションから参加しました。やっとナマ講師です(w。

 さて、このセッションで注目したかったのは、2009年にスーパーホテルで日本経営品質賞を受賞した山本会長率いる株式会社スーパーコートさんです。個人的に、ビジネスモデルの天才として尊敬しています。

 スーパーホテルの場合、ITを駆使して無人でも稼動するビジネスホテルを作った。しかしそしたら客が来なかった。だから受付置いて人を配置して、人は作業をしないで接客に徹しさせたら、これが大ヒットした。

 めちゃめちゃ簡単に言えば、こういう話なのですが、これ、普通に考えられるアイデアではありません。きっと介護の世界でも「なんか」やってくれるだろう、と期待しておりました。

 まずは駅前立地にこだわっている、というお話でした。これだけでもすごいことなんですが、もっとすごいことを考えていらっしゃいました。



 おわかりになりますでしょうか? 山本会長が考えられているのは「介護度が改善する」施設なのです。これはもう、ぎゃふんとしか言いようがないです。ITを駆使してデータを収集し、科学的に分析し、介護度が改善するにはどうすればよいのか、という研究も行っていく、というのです。

 まあ、確かに頭では考えられるでしょうが、これが実行できたらものすごいです。っていうか、自分だったら入りたいです(w。

 スーパーホテルから接遇の講師を招いて接客研修を行っているそうで「長期連泊客のつもりで接客を」とおっしゃっていました。強みを活かしまくって絶対的なビジネスモデルを構築しようという姿勢に頭が下がります。

 続いて森岡さんによる「2014年度日本経営品質賞アセスメント基準書改訂のポイント」に参加。これはマニアックなので省略しますが、結論から言うと、なるほど、研修講師・審査員にとって使い勝手の良い基準書にカスタマイズされたな、という印象でした。まあ、相変わらずワケのわからなさは残っていますが…。

 

 ということで、引き続き、経営品質学会とのコラボセッションに参加。実はこれがさらにマニアックな内容でしたが、個人的にはめちゃめちゃ面白く、2日目の大ヒットでした。要はアセスメント基準書をベースにした「経営品質」について、いろいろ検証してみる、という風に学会の意味づけを再定義した、という三代目代表の渡辺昇さんの宣言と、実際にアンケートを取って統計処理してみた、という発表。

 要は発想が、コーチングっていいけど検証がね、ということで、学会を作っちゃった私の発想と同じなので、だから面白いと感じたのかもしれません。

 結論めいたことを言うと「顧客価値と組織力をバランスよく高めていく媒介型リーダーシップが、経営品質が求めるリーダシップであり、それが定着していくと対話重視のリーダーシップになっていく」というようなお話。まだまだ分析はこれからというところですが、ともかく、こういうアプローチは大歓迎です。面白い!

 東京メトロポリタン経営品質協議会の渡辺充彦さんとも、コーチング関係で何かやろうよ、とお話させていただき、これからは学会関係が面白くなりそうです。

 その後は医療関係の内容でした。三省堂書店時代に医学書売場で「医院経営」の棚を担当していたこともあり、医療制度のマニアックな世界からの改善や革新の話が中心でした。福井県の済生会病院、そしてアメリカのメイヨークリニックからのゲストのお話でしたが、とても面白かった!

 ただ、マニアックだった!

 後は、英語のヒヤリング能力がない、ということを如実に実感しました。翻訳仕事が増えているので、読む方はかなりOKになっていますが、ヒヤリングはまだまだですねぇ…。

 最後に経営品質協議会の副代表でもある日本アイビーエムの橋本会長のお話。これが非常に面白かった。まずは、グローバルで戦うためにはユニークさが必要である、というお話。



 2009年以降、株式会社の株価を支えているもののうち、財務的な業績の割合が下がっているというお話。これは実感ではありましたが、数字やグラフで見ると説得力があります。



 で、グローバル経営を目指す際に、JQAのフレームワークは良いよ、というお話。



 で、そのために、経営品質協議会は、2014年にはサービスを充実させるよ、というお話でした。昨日のインサイトセールスと合わさって、何とも期待してしまいたくなるようなお話でした。

 以上で、長丁場でしたが、とても充実した会でした。これからしばらくかけて、頭を整理していきたいと思っています。

 事務局の皆さん、登壇者の皆さん、素敵な場をありがとうございました!
| 原口佳典 | 日本の組織風土を変える | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 顧客価値経営フォーラムに参加 | main | アセスメント基準書改訂の意義 >>









http://blog.bizknowledge.jp/trackback/948006
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
灰谷孝のブレインジム・ラーニング コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック カーディーラー経営品質向上研修 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
このページの先頭へ