ビズナレッジ株式会社 = コーチングプログラム × コンテンツ開発 × 組織活性化コンサルティング 
 for your dream & your success あなたの”夢”にビジネスの翼を、”成功”のためにナレッジを

経営品質を分かりやすく語る その3
 少し時期があいてしまいましたが「経営品質を分かりやすく語る その3」です。この間、何をやっていましたかというと、アセッサーの更新研修を受けたり、経営品質学会に参加したり、地方賞のFB会議があったり、某企業様の経営品質導入プログラムの支援をしたりしていました。結構、経営品質漬けでしたね。今週末からは審査員研修も始まります。

 さて、前回までで、経営品質は結果から見ていくんだよ、というお話をしました。経営品質向上プログラムの核は何と言っても「振り返りと学習」ですので、この流れは抑えておいて欲しいところ。
 しかし、アセスメント基準書を見ると、結果は最後に掲載されています。これが実務者から言えば混乱の元。で、最初に何が掲載されているかと言えば「基本理念」と「重視する考え方」です。

 これがまた難しい。というか、混乱する。

 というのは、この「基本理念」と「重視する考え方」が、アセスメントを行う際の話なのか、実際の経営の話なのかがよくわからなくなるからです。

 アセスメント基準書にはこう書いています。

*「卓越した経営」を行うために、前提とする価値観をまとめたものが基本理念です。

*アセスメントでは、経営におけるプロセスやシステムについて検討や洞察をします。(中略)その際に答探しをするのではなく、「こう考えてみたらどうだろう」という問い探しをすることが望まれます。その問い探しに役立つ考え方をまとめたものが「重視する考え方」です。

 いかがでしょう? これ、これまでの話と全く違うレベルの話をしていうことに気づかれるでしょうか?

 基本理念のほうは、この価値観に沿った考え方で経営革新を進めれば、卓越した経営になるよ、という、いわばルールというか、行動指針のようなものです。ちなみにこれは「顧客本位」「独自能力」「社員重視」「社会との調和」の4つ。これはまあ、納得できるお話でしょう。

 重視する考え方は、経営そのものというよりはオペレーションレベル。どういうプロセスを作るかとか、どういう風に仕事を回していくか、というときにチェックする「問い掛け」なんだそうです。これは9つもあって、非常にややこしい。ちなみに「コンセプト」「変革」「価値前提」「プロセス」「創発」「対話」「戦略思考」「ブランド」「イノベーション」の9つ。

 ちなみに審査員がこれらを討議のときにチェックしたりしているかと言えば、結構、そんなこともなくて、昔から使い方がよくわからなかったのですが、今回、改めて考えてみて、そうか、「問い掛け」なんだと納得。

 ということは、

「コンセプト」何のために、何を行おうとしているのかということは明確ですか?
「変革」慣れ親しんだやり方だから、という理由でやろうとしていませんか?
「価値前提」それは顧客にどのような価値を提供しようとしているのですか?
「プロセス」どのような対策を行おうとしているのでしょうか?
「創発」体験から生まれる直感を形にしていますか?
「対話」そこに対話はありますか?
「戦略思考」競争優位性を生み出していますか?
「ブランド」顧客はどのように認知していますか?
「イノベーション」過去の成功体験にしばられていませんか?

 こんなような「問い掛け」をいくつも設定してみる。こういう使い方になるのでしょう。

 参考までに、無理矢理、基本理念とつなげると、こういうことになります。

「顧客本位」⇒「変革」「価値前提」「ブランド」
「独自能力」⇒「コンセプト」「プロセス」「戦略思考」「イノベーション」
「社員重視」⇒「創発」「対話」
「社会との調和」

 そして、本来はこういう視点をセルフアセスメントでも審査でも持つことで、「競争優位性」を持つ、というのが正しい認識のようです。

 それと言うのも「基本理念」の方はどちらかというと普遍的な価値観であり、それができたからといって競争に勝てるかどうか、というのはわからないところがあります。他社と競争するのではなく、自分が頑張る、という発想だからです。

 しかし、それだけでは勝てないのも事実。この9つの「重視する考え方」の視点でチェックすることで、本当に競争に勝てるビジネスを行っているのかが検証される。

 そんな仕掛けになっているというのが、現在の私の仮説です。
| 原口佳典 | 「経営品質」を分かりやすく語る | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

<< 4/27-5/10の日記 | main | ビズナレッジ株式会社は新しい期を迎えます >>









http://blog.bizknowledge.jp/trackback/948019
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
灰谷孝のブレインジム・ラーニング コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング ロータリークラブ 吊革、つり革、吊り革、交通広告、AEDならラドフィック カーディーラー経営品質向上研修 相続・遺言なら新都心相続サポートセンター CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC 無料 eラーニング 「付加価値型」会計アウトソーシング−株式会社サンライズ・アカウンティング・インターナショナル
このページの先頭へ